×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニコン・キャノンの歴史

ニコンは、名称:株式会社ニコンで、光学機器の大手メーカーで三菱グループの一員です。ブランド名、ニコンは元の社名の日本光学の略です。時代とともにフィルムカメラを縮小し、デジタルカメラ部門に切り替えその一部の機種は、三洋電機からのOEMIによる供給です。1917年ごろ、日本光学を設立して、主に海軍向けの光学兵器を開発、製造。東京光学機械が、陸軍むけだったので、陸の(陸軍)トーコー、海の(海軍)ニッコーと呼ばれていた。事業内容は、カメラ、映像部門が売り上げの56%、半導体製造装置など精機部門が31%、光学測定器、顕微鏡などが、9%となっています。(データー引用)。キヤノン:キヤノン株式会社。全身は1933年創立の精機光学研究所。創立者吉田五郎は、観音菩薩を信仰していたので、発売予定のカメラをKWANONそのレンズをKASYAPA(カサバ)と名前をつけた。レンズは、釈迦の弟子迦葉(カショウ)に由来しています。


ニコンストラップ
ニコン・キャノンの歴史
ストラップ
ストラップの一番人気
リンク
リンク集

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

ニコンストラップを調査する トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加